テフロン加工のフライパンと鉄製のフライパンを比べてみよう

テフロンのフライパンはもう古い?鉄製フライパンを使ってみよう

>

テフロン加工のフライパンの注意点

テフロン加工のフライパンのメリット

何よりフッ素樹脂でコーティングされていますので、食材が焦げ付きにくいのがメリットではないでしょうか。
油も少なくてすみますので、カロリーもカット出来ます。
焦げ付きませんので、片付けも簡単で洗剤で普通に洗えます。
錆もつきませんので、水気を気にする必要もなく後片づけも楽です。
また、価格が安いものが多く、どこのお店にも置いていますので購入がしやすいですよね。
マーブル加工・ダイヤモンド加工など種類や大きさや形など豊富に種類がありますので、調理の種類によって気軽に選べます。
また、鉄製のフライパンに比べて軽いので調理が楽です。
やはり、お手入れが簡単で火加減などあまり気にせず手軽に使えるのが1番の強みではないでしょうか?

テフロン加工のフライパンのデメリット

テフロン加工のフライパンは、高温の調理には向きません。
表面の加工が剥がれない中火以下での調理をしなければなりません。
耐熱温度は約260度で、高温になるとポリトラフルオロエチレン・パーフルオロオクタン酸といった有害物質が発生します。
目には見えませんので、発生しているかを気づかないまま摂取する可能性もありますので、高温にならないように注意して使いましょう。
寿命は、1年から3年程度といわれています。
フッ素加工が剥がれしまい、アルミ部分が見えてくると焦げ付いてしまいます。
また、アルミのたわしやステンレス製のフライ返しなど鋭利なもので簡単にはがれてしまいます。
この状態になると、フッ素樹脂が料理にまじって食べてしまうことになりますよね。
買い替えが必要となります。


この記事をシェアする