テフロン加工のフライパンと鉄製のフライパンを比べてみよう

テフロンのフライパンはもう古い?鉄製フライパンを使ってみよう

>

どっちのフライパンがおすすめ?

鉄製のフライパンのメリット

鉄は熱を通しやすいため、熱伝導率がよく食材に早く火が通りますので、短時間での調理が可能です。
炒める、焼く、揚げるなど高温での調理に向いています。
お肉など高温で一気に焼く方が美味しいですよね。
ガス代・電気代も助かります。
また、傷に強いので、お手入れも簡単です。
焦げ付いても、たわしでごしごし磨いても気にしなくても大丈夫です。
コーティングが剥がれる心配もありません。
その為、買い替えの必要がなく、丈夫でずっと長く使うことができます。
油を落とさないように洗剤は使わずに洗う方がいいようです。
使うほど油がなじんでいき、こびりつきもなくなります。
健康面でも、使う度に日々に鉄分を摂取できますのでありがたいですよね。

鉄製のフライパンのデメリット

始めて使うときに、焼き入れなど準備をしなくてはなりません。
新品時には、防錆剤が塗られていますので除去が必要となります。
テフロン加工のフライパンに比べると重いです。
小さなフライパンだとあまり感じないかもしれませんが、大きめのフライパンはお皿に盛り付けたり、フライパンを動かす時などかなり重く感じるのではないでしょうか?
また、慣れてくるまで焦げ付きやすいです。
使い終わった後、油をぬり、よく馴染ませておかなければなりません。
油は多めに必要かもしれません。
鉄ですので、錆に弱いため。水気のある状態では放置しないようにしましょう。
使い終わったら空焼きをするくせをつけましょう。
しかし、最近は錆びにくく、事前の準備のいらない使いやすいフライパンも販売しているようです。


この記事をシェアする