テフロン加工のフライパンと鉄製のフライパンを比べてみよう

テフロンのフライパンはもう古い?鉄製フライパンを使ってみよう

テフロン加工のフライパンの注意点

テフロン加工フライパンは、390度以上になると危険と言われています。 通常の使用であれば問題ありませんが、空焚きしてしまうと有害なガスが発生する可能性があります。 絶対に避けるように注意が必要です。 もし空焚きしてしまったら、火を止めて換気しましょう。

鉄製のフライパンが注目されています

テフロン加工のフライパンは料理初心者や忙しい主婦たちから支持され、家庭用のフライパンとしての主流となりました。 しかし、コーティングが剥がれやすいために耐久年数が短く、使い捨てとなってしまいます。 そんな中エコが見直されている現在、注目を集めているのが、耐久性のある鉄製のフライパンです。

どっちのフライパンがおすすめ?

鉄製のフライパンって、プロの調理人も使用しているし、お好み焼きや餃子も鉄板で焼いているのだから、料理が美味しく作れそうですよね。 気になるけど、扱いが難しそうだし、何だか敷居高そうなイメージもありますよね。 でも、本当にお手入れは面倒なのでしょうか?

鉄製のフライパンは一生使える?

フライパンは、毎日の料理で欠かせない調理器具ですが、一口にフライパンと言っても色々な種類があります。
材質には、主にステンレス・鉄・アルミ・チタン・銅が使われています。
その他に分類されるのが、表面の加工です。
もっとも普及されているのは、フッ素樹脂加工フライパンではないでしょうか?
テフロン加工とは、米国デュポン社のテフロン(フッ素樹脂)でコーティングされた商品のことですが、広く一般的にフッ素樹脂加工をテフロン加工と呼んでいることが多く見受けられます。
このフッ素樹脂に大理石の粒子を混ぜたものはマーブルコート、人口ダイヤモンドの粒子を混ぜたものはダイヤモンドコートと呼ばれ、耐久性が高まります。
また、セラミックコートは、セラミック粒子を使用し、焦げ付きにくく、耐久性も高いため、人気があるようです。
どのフライパンを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
まず、フライパンの素材の特徴を理解していきましょう。
家庭でよく使われているのは、鉄製のフライパン、テフロン加工のフライパンが多いようです。
テフロン加工のフライパンは、安価で手軽に使えるということでどの家庭にもあるのではないでしょうか?
料理を簡単に済ませたい方や手間をかける時間のない方にはテフロン加工のフライパンがおすすめかもしれません。
しかし、鉄製のフライパンは、コーティングが取れる心配もなく大事にメンテナンスを行えば、何十年も使い続けることが出来ます。
鉄製のフライパン、テフロン加工のフライパンについて、もう少し詳しく調べてみましょう。